ピアノ界初の「全国オンラインコンクール」に参加する?【全日本ピアノeコンクール】

全日本ピアノeコンクール

ピアノのコンクールがなくなっちゃった……

さりな
さりな

このご時世、コンクールや発表会

なかなか難しいわよね……

ママ友から、「ピアノのコンクールが行われなくなった」

「子供のピアノの発表会が中止になった」、という話をよく聞きます。

 

実は、娘がピアノを習い始めて6年。私も20年近くピアノを習っていましたので、発表会やコンクールの必要性はよく知っています。

 

どんな方でも、発表会やコンクールがあることで、ぐっと技術が向上することはよく知られています。だから、新型コロナウイルスの影響でやむを得ないとはいえ、一年も飛ぶのはもったいないし困りもですよね。

 

そんなとき、小学生から大人の方まで参加可能【全日本ピアノeコンクール】
の存在を知りました。

エントリーは6/1より始まっています。

締め切りまでにまだまだ余裕があるので、今からでも間に合いますよ。

全日本ピアノeコンクール オンラインピアノコンクールってどんなもの?

全日本ピアノeコンクール 予選について

予選は自宅で動画撮影したものを応募。

 

尚、予選はスマホでの撮影でOK(上半身だけの撮影でもOK)。

服も自由となっていますのでかなり参加しやすさを感じます。

【公式Twitterより】

加えて、予選は、電子ピアノでの参加もOKですので、我が家のように電子ピアノが自宅にある人も安心して参加できます。

 

その他押さえておきたい条件として下記のものがあります。

☑ 暗譜しての演奏
☑ クラシック曲のみ
☑ 1台のカメラで撮影した編集なしの動画

その他、気になることは公式サイトのQ&Aでも確認できます。

全日本ピアノeコンクール 本選について

本選は東京「ピアノスタジオノア 吉祥寺店」で行われ、その様子はLIVE配信されます。この時の服装は、予選とは異なり「一般的なコンクールの服装」が必要になります。

 

また、本選に行けるのは各クラスごと、予選の上位25名程度とされています。
(クラス分けについては後述します)

さりな
さりな

新型コロナウイルスが再流行などした場合、

本選の日が2021年1月に延期されることも

想定されています。

 

初日だけで200名近くのエントリーがあったということで、この、全日本ピアノeコンクールの人気がうかがえます。

全日本ピアノeコンクール 実施日

予選:2020年6月1日~2020年7月20日 演奏動画受付

※なお予選に関しては各クラスごとに100名(先着順)となっていますので
興味、関心のある方は早めの参加をおすすめします。

 

本選:2020年9月19日(土)9月20日(日)
本選会場:ピアノスタジオノア 吉祥寺店

※コロナが収束しない場合2021年1月30日、31日に延期予定
(延期する場合8/15までに公式サイトで発表)

全日本ピアノeコンクールとは

主催は、全日本ピアノeコンクール 実行委員会。

 

下記が当コンクールの開催趣旨及び概要となっています。

 新型コロナウィルスの影響により音楽業界が大きな被害を受けています。 ピアノ学習者、指導者の皆様におかれましても、それぞれに難しい状況を強いられていることと存じます。将来の演奏家を育む為に、従来の概念に囚われないコンクールの存在が必要だと考えました。 予選ではご自宅で自身が撮影した映像にて審査し、本選では無観客の音楽スタジオで動画撮影にて審査を行います。 全日本ピアノeコンクールが、クラシック音楽市場拡大の一助になる事を願い開催致します。

引用元:【全日本ピアノeコンクール】

 

全日本ピアノeコンクール 対象参加者

小学生から一般参加までを対象とした6段階(A~F級)

具体的には下記のようになっています。

 

A級 小学1~3年生
B級 小学4~6年生
C級 中学生
E級 大学生
D級 高校生
F級 一般

※2020年4月2日現在

全日本ピアノeコンクール 演奏時間

各級によって演奏時間は異なります。

短い1曲のみの演奏や、短い曲を2曲~3曲組み合わせも可能。

全て自由曲で、課題曲はありません。

A級 4分以内
B級 6分以内
C級 8分以内
E級 12分以内
D級 12分以内
F級 12分以内

全日本ピアノeコンクール 演奏曲目

細かいルールがあるので

よく確認しておこう

1.予選、本選、いずれも自由曲制です。

2.クラシック音楽以外で審査が不可能な曲、楽譜が出版されていない曲、音楽著作権を侵害する曲(作曲者没後70年以内)、自作曲では申し込めません。
※著作権に抵触する可能性がある曲に関しては動画公開を控えさせていただきます。

3.予選・本選を通じて同じ曲でも、違う曲でも自由に申し込みができます。

その他、気になることは【全日本ピアノeコンクール】
公式サイトでご確認ください。

全日本ピアノeコンクール 予選/本選 参加料金

参加料金も級ごとに異なるよ。

 

 

 A級 予選4,000円 / 本選8,000円
B級 予選5,000円 / 本選10,000円
C級 予選6,000円 / 本選12,000円
D級 予選7,000円 / 本選14,000円
E級 予選7,000円 / 本選14,000円
F級 予選7,000円 / 本選14,000円

全日本ピアノeコンクール 審査基準

審査方法及び審査基準については、下記のように公表されています。

 

表現力が重視されているね

 

 

審査員の自宅で行う。

1.すべての級の演奏順は、主催者がコンピュータによる無作為の抽選で決定し、事前にHPにて発表する。
2.運営の都合上、やむを得ず途中で演奏をカットする場合があるが、審査には影響しない。
3.採点方法は以下の通り。

<全ての級>
1.各審査員が100点満点で採点し、最高点と最低点をカットした上で平均点順にて得点・順位を決定する。
2.採点票 本選では審査員の採点票(講評用紙)が郵送にて交付されます。
3.結果発表 級ごとに1~8位の入賞を選出し、副賞を授与(楯・賞状などを予定)。

 

引用元:【全日本ピアノeコンクール】

全日本ピアノeコンクール

新型コロナウイルスの影響で、今年の発表会もコンクールもなくなってしまった、ピアノ奏者の皆様にとって、見逃せない嬉しいイベント。

 

審査員の方は、十分な指導・演奏経験を積んだピアノ指導者・ピアニストで、コンクール事業部審査員選考委員会から承認された音楽家が務められています。(口述します)

 

そのような方に自分の技術を見てもらえるのはチャンスですよね?

 

ピアノの発表会やコンクールが中止となって困っている方にとって
お子様やご自身のピアノをステップアップするとっても良い機会となりますね。

全日本ピアノeコンクール でステップアップ

全日本ピアノeコンクール 審査員

審査員の先生方です。(五十音順、敬称略)

青柳晋
有吉亮治
泉ゆりの
上野優子
江本純子
大田佳弘
金子 恵
黒岩航紀
坂本真由美
下田幸二
正住真智子
菅野雅紀
菅原望
武田真理
土屋美寧子
浜野与志男
日比谷友妃子
本多昌子
松本和将
山田剛史

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました