遠野遥の芥川賞受賞作とは? | アスハピ

遠野遥の芥川賞受賞作とは?

遠野遥芥川賞受賞作は?

櫻井敦司との親子関係がわかって話題になっている遠野遥

彼の芥川賞受賞作はどのような本なのでしょうか?

親子関係判明の記事はこちらです。

「遠野遥」芥川賞受賞作

遠野遥の芥川賞受賞作は「破局」です。

created by Rinker
¥1,386(2020/10/20 19:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

私を阻むものは、私自身にほかならない――ラグビー、筋トレ、恋とセックス。ふたりの女を行き来する、いびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。

主人公は大学四年生になる体育会系男子。

そして、主人公をめぐる二人の女子。

一人は大学四年生、もう一人は大学一年生。

 

この小説の柱となるのは、この三人の恋愛関係

 

細かくリアルな描写がちりばめられているのも特徴です。そのことが、ものすごく主人公が身近な人に感じられたり、あるいはすごくわかりあえそうにもない遠くの人に感じられたり……と、読者によって感想がかわってくる要因の一つかと思われます。

 

そんな気になる文体ですが、なんと公式サイトで最初の20ページが無料公開されています。気になる方は、ぜひ、独特だけれども先を読まずにはいられない、遠野遥の破局の冒頭部分に目を通してみてくださいね。

「遠野遥」芥川賞受賞時の映像

遠野遥さんが芥川賞を受賞したときの会見の様子はYouTubeで公開されています。


「父親の不在」についてもコメントされています。

「遠野遥」芥川賞受賞作の感想

では、遠野遥芥川受賞作「破局」についての感想はこちらです。

 

私の普段の脳内の独り言を、より洗練された形で言語化してくれたような作品だった。
つまるところ、「共感できる」という極めて安直な、そしてあまり喜ばしくない理由で面白く感じたに過ぎないと思うので、知人などにおすすめすることはしないが、
この本を読み、思いを馳せている間は、意味のある時間だったと思う。
満たされて順調なはずなのに、停滞感と不穏さが充満した日常の表現も見事。
それと濡れ場が多いので注意。私はどちらかというと灯ちゃん寄りなので全然平気だけど、人を選ぶかな、、

 

普通に日常にいる人々。『普通に良い人』がいっぱい出てきて、でもそんな人が
息する感覚でさらっと人に嫌な想いをさせる。
読後もしばらく引っ張られました。そして、誰かに話したくなりました。
好きなな人もいて嫌いな人もいて当たり前!読まないなんてもったいない。

Amazonレビューより

 

賛否両論ありますね。

created by Rinker
¥1,386(2020/10/20 19:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました