2019年のお歳暮の準備はお早めに ふるさと納税でお得に贈れます | アスハピ

2019年のお歳暮の準備はお早めに ふるさと納税でお得に贈れます

そろそろお歳暮の準備しておいた方が安心かなあ

でも、何かと忙しいんだよね

サリナ
サリナ

忙しい時こそ早めの準備が大切よ

そうはいってもなー。

ふるさと納税にもトライしたいし。

やりたいこと多すぎて時間がないんだよ

サリナ
サリナ

だったらいい方法があるわ

ふるさと納税お歳暮

頼むことができるのよ。

それは知らなかった!是非、試してみたいなぁ

というわけで、あなたも、今年、2019年のふるさと納税でお歳暮を贈ってみませんか?

簡単な手順をこちらで紹介します。

お歳暮について

お歳暮とは、親戚や仲人、職場関係、お稽古ごとの先生など、日頃お世話になっている方々に対して、一年の締めくくりにお礼の気持ちとして贈るものです。その起源は江戸時代までさかのぼるともいわれています。

一度始めると毎年贈り続けるものですので、本当にお世話になった方だけに贈るようにしましょう。尚、結婚式の仲人さんなど儀礼的に贈る場合は、一般的に3年程度続ければよいと言われています。

お歳暮(おせいぼ)は、本来は直接訪問して贈り物をするものであるが、近年では老舗や百貨店などから直送(実際には宅配便のシステムを利用)で相手方に贈られることが多い。

引用:wikipedia

現在では、「宅配だから失礼」ということはありませんのでご安心ください。

贈り物の内容としては、年を越すのに必要なものを好んで選ばれることが多いです。

例えば、鍋に最適な蟹やふぐ等の海産物、お正月に大人数で食べることができるような肉類やハム等が人気です。お酒やジュース、フルーツ等も人気があります。相手の負担になるものは避け、貰った相手が困らないように、家族構成や食べ物の好みなど可能であればしっかりリサーチしておきましょう。

尚、身につけるものは一般的に避けた方が無難と言われています(身内等近しい人に関しては問題ないです)。特に、年配の方には靴下、足袋、草履などの「踏みつける」ものは避けましょう。

お歳暮を贈る時期12月初めから20日頃です。

宅配便も混みあいますので余裕をもって手配ができるといいですね。

ふるさと納税について

ふるさと納税、しっかり活用していますか?

ふるさと納税とは、あなたが応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことです。
手続きをすると、税金の還付・控除が受けられるため、実質自己負担額は2,000円のみ!
さらにお礼品として、自治体から特産品や宿泊券などをもらえる、とてもうれしい制度です。

引用:さとふる

尚、所得や家族構成によって控除上限額が決まっていますので、必ず事前に確認の上ご利用ください。

例えば

独身・年収300万円

控除上限額目安 約27,000円

共働き夫婦・子供一人(3歳)年収650万円

控除上限額目安 約96,000円

夫(会社員)・妻(専業主婦)・子供二人(16歳・20歳) 年収1200万円
控除上限額目安 約195,000円

ご自分の場合を確認したい場合は、さとふるでもシミュレーションができますので、ご確認ください。

また、ふるさと納税は、1月1日から12月31日の1年間に行った寄付が「寄付金控除」の対象となります。そのため、今年の所得に対する還付を受けるためには、年内に寄付金の決済を完了しておく必要があります。

もしも、今年の寄付金控除額に余裕がある場合や、まだ一度もふるさと納税を利用してない方は、そのふるさと納税制度でお歳暮を贈ることができますよ。

もちろん、のし付きです。

詳しくはこちらをご覧ください。さとふる お歳暮特集

なにかとお金の必要な年末年始が近づいています。

今年は是非、お得なふるさと納税を利用して、お歳暮を贈って是非節税に役立ててくださいね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました