商用利用可 パリの美術館所有アート無料ダウンロード 美術館3選【1】

商用利用可能 パリの美術館 無料ダウンロード

パリの美術館所有のアート10万点以上が無料でダウンロードでき、しかも商用利用可能ということで大きな話題を呼んでいます。

 

では具体的にどのような有名なアート作品があるのでしょうか?

ここで気になる美術館を3つ紹介します。

バルザック美術館

La maison de Balzac (Balzac’s house)

フランスを代表する文豪・オノレ・ド・バルザック。そのバルザックが晩年の1840年~1847年に住んでいた家が、その名もバルザックの家です。

パリ16区の高級住宅街であるパッシー地区にあり、現在は一般公開されています。

建物内はほぼ当時のまま保存されており、バルザックが使用していた書斎には、作品を執筆した机も。机の上には実際にバルザックが書いた原稿も展示されており、校正のための書き込みが至るところに見られます。

そのほかにも校正した原稿の写真や蔵書なども展示されています。またあのロダンが手掛けた、バルザックの胸像も見どころのひとつ。

参考サイト:TravelBook

バルザック

バルザック(デッサン)

ヴィクトル・ユゴー記念館

Maison de Vivtor Hugo-Hauteville House

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(仏: Victor-Marie Hugo[4]、1802年2月26日 – 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。
1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。

引用元:Wikipedia

生誕100年を記念し1902年に公開されたこちらの住居は、1832年から16年間、ユゴー(ユーゴー)と妻、そして4人の子供たちが実際に暮らしていました。

ヴォージュ広場の一角にある建物です。(現在休館中:2020年3月再開予定)

骨董品収集が趣味だったユゴーの所有品の数々も見どころ。

ユゴーの胸像も必見ですね。

ヴィクトル・ユーゴーの胸像

Buste de Victor Hugo


ブールデル美術館

Musse Bourdelle

ロダンの弟子でジャコメットの師匠である彫刻家エミール=アントワーヌ・ブールデル(仏:Antoine Bourdelle 1861年10月30日-1929年10月1日)のアトリエ兼住居を使用した美術館です。

フランスのパリ15区モンパルナス駅北西至近の細い道、アントワーヌ=ブールデル通り (Rue Antoine Bourdelle) 沿い18番地にあります。

代表作「弓をひくヘラクレス」や「ベートヴェン」のデッサンも豊富です(一例)

弓を射るヘラクレス

「弓を射るヘラクレス」

ベートーヴェン ブールデル

「ベートーヴェン」

尚、こちらのフランス語メインの公式サイト【Pari Musees】から、簡単にアートを無料ダウンロードできるその方法については、こちらで画像付きで説明しています。

商用利用可 パリ美術館所有アート作品無料ダウンロード方法【詳細説明】
実際にPari Mussesの公式サイトから、検索、ダウンロードしてみました。フランス語・英語・スペイン語しか使えません。是非、こちらでDL方法を確認してからご利用ください。リンクも貼っています。

「カルナヴァレ博物館」「セルヌスキ美術館」「コニャック=ジェイ美術館」についてはこちらから

商用利用可 パリの美術館所有アート無料ダウンロード 美術館3選【2】
無料ダウンロードできるPari Musees(パリの美術館)とは具体的にどのような美術館があり、どんな作品があるのでしょうか?今回は「カルナヴァレ博物館」「セルヌスキ美術館」「コニャック=ジェイ美術館」から素敵な作品を紹介します。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました