転勤族妻 PTA役員を引き受けるメリット・デメリット

転勤族妻のPTA メリット・デメリット

毎年四月は
PTA役員のくじ引きがあるから

憂鬱になっちゃう。

転勤族の妻でなくても、子供が小学校に入ると多くの人につきものの悩みですよね。

 

そんな私は、子供が低学年のうちにPTA本部役員を一年間引き受けたので、今の学校にいる間はPTAを「永久免除」

ということで、四月のたびに憂鬱になることもなく、のんびり過ごしています
(このルールも学校によって違います)

 

実際のところ、転勤族がPTA、あるいはPTA本部役員を引き受けるメリット・デメリットはどのようなものでしょうか?

 

丸一年、PTA本部役員として仕事をこなし、あんなこともこんなことも経験してしまった、転勤族妻の私がそのすべてをお伝えします。

PTAとは

ノートパソコン コーヒー 花

そもそも、PTAってなんなんでしょうね?

 

実は、第二次世界大戦後にGHQが日本に導入した仕組みなんですが、そこからさかのぼって話をすると長すぎるので今回は割愛。

また、日本PTA全国協議会なるものがあるのですが、そのあたりの話も今回はおいておきましょう。

 

さりな
さりな

話が大きくなりすぎるので

ここでは

各学校単位でのPTA活動の話に
的を絞ってお話しします

 

 

現状、各学校でどういう働きをしているのかというと

 

忙しすぎる先生の仕事を、保護者が一部お手伝いする組織

 

という、役割が大きいですよね。

 

具体的に、私の所属したPTAでは下記のような活動をしていました(一部抜粋)

☑ 広報誌作成

☑ ベルマーク集め

☑ 登下校の見守り

☑ 子供への読み聞かせ

☑ 卒業式の準備のお手伝い

☑ 土日の地域活動のお手伝い

☑ 運動会や音楽会などのお手伝い

 

でも、今は共働き家庭も多く、ボランティアとしてPTA活動に参加できる絶対数も減っています。

そうなると、実質動ける一部の人にのみ業務が押しかかって不満が募る……

 

だから、公正にくじびきで委員や役員を決めよう! という流れのところも多いのではないでしょうか?

転勤族とPTA

任期や、役員の選び方などPTAのあり方は学校によって大きく異なります

 

転勤族にとってやっかいなところはここなんですよね。

 

☑ 学校によってPTAのあり方は大きく違う

☑ 転勤先の学校では、以前の学校でのPTAの働きはリセットされる

 

例えば、私の属する学校では
一度PTA本部役員を経験すると
以降、PTA活動を「永久免除」されるという特典があります。

 

でも、もしも私が別の学校に行ってしまったら、その特典は無効。

また、新しい学校でPTA活動をしないといけません。

 

この辺りのルールを、知らずに揉める人をよく見かけます。事前に理解しておくといいですね。

PTAは学校単位で別組織

なので、絶対にもうすぐ転勤するとわかっている場合は
PTAは引き受けない方がいいかもしれません。

 

とはいえ、PTAはボランティア組織

途中で抜けても、誰かがなんとか穴埋めできますよ。

そんなに深刻にならずに、引き受けても全く問題ありません。

(なお、私が所属している学校は「転勤族に人気」の学校なので

途中で誰が引っ越してもいいように、四月の時点で「補欠」まで決めています)

転勤族とPTA メリット

転勤族がPTAを引き受けるメリット

 

PTAを引き受けるメリットは

たくさんあります。

☑ 友達がすぐにできる

☑ 地域の情報に詳しくなれる

☑ 学校に頻繁に足を運ぶことができる

☑ 校長や教頭と接する機会も増える(特に本部役員)

学校によって違うと思いますが、本部役員を引き受けた私はすぐに校長・教頭とも顔見知りになりました。

 

「雑談ついでに子供のこと、学校で不安に思うことを校長や教頭に直に話せる」

ことのメリットは本当に大きいです。

 

担任について不安に思うこと、教室で心配なことも担任を飛び越えて話ができるって体験、なかなかできませんものね。

 

また、転勤してすぐで地域に不慣れな場合でもPTA活動を通じて保護者と仲良くなれれば、情報はすぐに手に入ります。

 

☑ 美味しいお店

☑ お得なスーパー

☑ 評判の良い小児科

☑ 気になる習い事教室について

など、生の声を聞けるのって転勤族にとってなかなか得られないメリットですよ。

 

また、転校したての子供は不安になっていることも多いです。

保護者がPTAとして学校に来ることが増え、思いがけずちょっと出会えたりするとそれだけでほっと心の支えになるんです。

うちの子も、PTA活動のある日は休み時間にちょっとPTA室をのぞき、私とおしゃべりしてパワーをチャージしていました。

転勤族とPTA デメリット

転勤族とPTAのデメリットについても押さえておきましょう

 

☑ PTA活動が忙しい

☑ 活動実績を次の転勤先に引き継げない

☑ 保護者同士の知らなくても良いもめごとに巻き込まれがち

面倒なもめごとを耳にしても、なるべく近づかず素知らぬ顔で過ごすことで巻き込みを遠ざけることは可能です。

忙しくなることをデメリットとしてあげましたが、忙しくしていれば淋しさがまぎれるというメリットにもつながりますよ。

 

ただ、活動実績を次の転勤先に引き継げないことは本当に残念です。

 

とはいえ、こちらもとらえ方次第。

 

次の学校でもまた、友達作りや情報づくりと思って新しくPTA活動に取り組める人にとっては朗報とも言えますね。

 

転勤族とPTA まとめ

まとめ

 

PTA活動について下記のことを押さえておくと役立ちます。

 

☑ PTA活動は学校単位(転校先に活動実績を引き継げない)

☑ 忙しくなるが、学校や地域、他の保護者との絆は深まる

☑ 校長や教頭(副校長)などと一早く親しくなることができる

 

実際に丸一年間本部役員として、様々なことを経験しました。

土日も地域活動やPTAの準備でつぶれたことも何度もあります。

同時に、毎日パートタイムの仕事もしていたので確かに、大変でした。

でも、一緒に苦労したメンバーとはすっかり仲良くなって、役員が終った後もラインを通じて、あるいは一緒にランチを食べに行って、交流を続けています。

メリット、デメリットをしっかり理解してPTA活動を上手に利用していきましょう。

 

さりな
さりな

ただ一方的に振り回されるんじゃなくて

「こちらが利用する」スタンスで

PTAと付き合ってみることをオススメします

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました